お金を食べてみました。

      2016/10/08

こんにちは。

木田です。

 

 

8月に友人の結婚式が静岡でありました。

親友なのに10秒くらい行くか迷いました。

 

 

飛行機代、ホテル代、ご祝儀。

「10万コースだな・・・」と。

 

 

ここで出さないならどこで出す?

という時にお金に悩むことってありませんか?

 

 

例えば、

誕生日プレゼントも絶対素敵な10,000円のA。

Aより劣るけどまぁまぁいいかなという5,000円のB。

 

 

結果、Aを選ぶのだけど

正直わたしは少し迷います。

 

 

震災時に出す寄付金の額も。

 

 

そういう迷いがね、

超嫌なんですよっ!!

 

 

そんなことを考えていた9月の深夜1時。

とうとう頭がイカれたのか

「お金食べたら変わるかな」って降りてきたんですね。

 

 

もちろん、ただ食べたいんじゃなくて

出すべき時に出せるように、

自ら手離す訓練という意味ですよ。

 

 

で、変態2名に即連絡をして。

「お供します♡」

「了解です!」

って返信。

理解早いな〜・・・・。

 

 

で、やりました!

お札を破く。

 

wp-1475652969260.jpg

 

 

すっごい快感♡♡♡

 

でもこの快感こそ、

お金への執着を表しているよね。

 

 

破いただけでは再生可能なので、

喉に張り付きながらもしっかりいただきました。

 

 

誰かに喜んでもらうためや、

自分が豊かになるためや、

困っている人を助けるために、

お金の循環は止めない方が良いと言われています。

 

 

破かなくても食べなくても

それができるなら一番いいです。

 

 

けれどどこかで引っかかるなら

根付いた考えごと一掃する必要があります。

 

 

自分の何かを変えたいと思った時に

今までと同じ思考同じ行動じゃ変わらないもん。

 

 

わたしのいつもと違う行動はやや奇行だったけれど(笑)

それで感じたことのないなにかが見えればいい☆

 

 

やりたい人は自己責任で。

誰のエネルギーものっていない新札でやってくださいな。

 

 

 

それでは、また!

 

”年齢や背格好に左右されずに自分らしいファッションを。”

Deviele〈ディヴィエレ〉

http://www.deviele.com

 

 

▼Devieleサロンご予約の方はこちら

〉〉ご予約カレンダー

 

 - プライベート