見た目を変えると意識と感情は変わる?

      2016/07/23

見た目と中身の関連性

見た目で内面は変わる?

これって

ファッション業界では

永遠のテーマなんじゃないかと

思うほどよく話題になる。

 

 

わたしはね、

見た目で内面は変わらないし、

人生は変わらないと思っていたの。

 

 

素敵な装いをしても、

心が貧しい人だってたくさんいるから。

 

 

でもそれは、

半分正解で半分間違いだった。

 

見た目を磨くと自己肯定感があがる

wp-1469097699371.jpg

なぜかというと、

見た目を変えることで

自己肯定感が上がるから。

 

 

キレイになった自分を見て、

自身が沸いてくるだろうし、

企業に制服があるのも、

仕事に対しての責任や意識の

ON、OFFの意味合いだってある。

 

 

だから

見た目を変えるということは、

意識も行動も内面も

変わってくるのだと思う。

 

場に適さない服は感情を変える

例えば、

ジムに行くと言って、

スーツやジーンズを用意する人は

いないだろし、

仮にスーツで運動しても

ストレスになるだろうね。

 

 

ストレスはわかりやすい

感情だけれど、

適した服を着ているか

そうではない服を着ているかで

感情は変わるということなのだ。

 

自分の見た目が他人の行動を変える

スーツで運動する人と、

スポーツウェアで運動する人、

どちらが高度な教えを

トレーナーにしてもらえるか

考えたらすぐにわかる。

 

 

これは日常でも同じ。

信頼感を与えたいなら、

まず清潔感を見直すべきだし、

顔や名前を覚えてもらいたいなら、

服装にアクセントをつければいい。

 

こんなに

わかりやすく結果が出る

見た目という名のツールをまだ

使いきれていない人は

もったいないよ。

 

見た目を磨くということは自分を隠すこと?

見た目を磨くと同時に

必ずしなければいけないこと。

 

 

それは

”等身大の自分を忘れない”

ということ。

 

 

オシャレマジックにかかって、

いつもより自分を大きく見せたり、

見栄を張ったり、

嘘をついてはいけないよ。

 

 

あとあと、

覆い隠された自分との

ギャップにつぶれてしまうから。

 

 

等身大の自分ごと

レベルアップしていくことが

ツールを使いこなすということなのです。

 - プライベート , ,