いくつになっても好きな服を着ていたい人が知るべきこと

   

いくつになってもオシャレでいる秘訣

変化の中にいる

いくつになってもオシャレでいる秘訣

好きな服を着ていたいけれど、

年齢は大丈夫かな?

体型は大丈夫かな?

流行は大丈夫かな?

 

 

年齢は絶対に重ねるし、

年齢が重なれば体型も変わる。

時代が変われば流行も変わる。

 

 

わたしたちは無常の時の流れにいます。

自分の見た目が変化するたびに

ファッションの悩みは生まれます。

 

では、この悩みを打ち消すのはなんでしょう。

 

それは基本を知ることです。

 

基本の上に好みを置こう

〈好きな洋服を着ていいのよ〉と

言うのは基本を知っている上での話。

 

 

基本がなければ、

年齢を無視したイタイ服装。

体型を生かせずメリハリのない服装。

時代遅れの残念な服装。

になり兼ねないのです。

 

 

いつでも基本が土台になります。

好みは基本と言う土台の上に

あることが条件なのです。

 

基本ってなに?

ファッションの基本とは

ファッションの基本はこれです。

と見せるのはとても難しい。

 

 

なぜならファッションは

センスであり感性だから。

 

 

モノトーンコーディネートを上手に着る

ことが基本という人もいれば、

カジュアルスタイルをカッコよく着る

ことが基本という人もいるのです。

 

 

ファッションは自由であることが

前提なので、人の基本に左右される

必要もないのです。

 

 

けれどこれでは

着地点がないので作るとすれば、

3色・3素材・2小物

を基本にすると良いです。

 

3色コーディネート

3色以上は使わない。

3色以上使うと色の合わせによって

チカチカして見えます。

基本は3色未満です。

 

3素材コーディネート

3つの素材を使う。

例えば全て光沢の強い、

ポリエステル素材だったら

衣装のような印象になってしまいます。

基本とは言えません。

 

  1. 綿のデニム
  2. ポリエステルのブラウス
  3. レーヨンのカーディガン

というように3素材を使うことで、

適度に光沢があり、

子どもっぽくもなく、

貸衣装のようなスタイルにも

ならなくて済むのです。

 

2小物コーディネート

コーデにアクセは何個?

2つアクセサリーを入れるというコト。

  • 帽子とネックレス
  • バングルとピアス
  • ファーとベルト

というように。

これが基本の小物使いです。

 

 

 

いくつになっても好きな服を着よう!

 

基本を知ることで

アレンジができます。

 

アレンジができることで

自分らしいスタイルが楽しめます。

 

自分らしいスタイルは

オーラになります。

 

いくつになっても

キラキラと輝けるように、

基本の上に好みを置く。

 

心に留めていて下さいね^^

 - プライベート , , ,