店を始めると営業電話がすごい来る件。

      2016/10/06

こんにちは!

 

木田です。

 

 

ウェブ上で店を持つと、

めっちゃ営業電話が来る。

 

 

一時期はそれはもう毎日何件も来るわけだ。

 

 

snapcrab_noname_2016-10-2_0-52-43_no-00
で、最初はちゃんと話聞いてました。

(今はもう聞かないし電話も出ないが。)

 

 

そしたら営業が上手な人と

下手な人の違いがわかった。

 

 

しかもその違いは歴然。

 

 

それは、

お客様目線か、否か。

 

 

つまり、わたしの利益を考えて話をしているのか。

自分らの利益のために話をしているのか。

 

 

わたしも商売人だからわかる。

仕事って数字ありきだと。

 

 

しかし、

必要と思ってもらわないと買わないわけだ。

 

 

 

だからお客様のお困りごとを解決できたり、

買ったあとのメリットをイメージさせてあげないとダメだよね。

=お客様の利益を考えることが必須。

 

 

snapcrab_noname_2016-9-27_1-18-11_no-00

 

 

下手な営業マンは

自分の商品の説明ばかり

つらつら言ってるように聞こえる。

 

 

絶対マニュアル読んでるだけだろって感じのリズムで。笑

機械的な説明だからこちらもまるで

取扱い説明書を読み聞かせされてるみたい。

 

 

 

まあ、こう聞こえてしまうということは、

わたし自身も過去に

利己的なお話をしていたということ。

(他人は自分の投影だからね!)

 

 

 

営業電話の対応をするのが苦手という方は多いと思う。

けれどイラッとせずに、

過去の自分だと思ってお断りすればいい。

 

 

たくさんお電話をいただいたけれど、

結局のところ全部自分に必要な出来事だったなって思ってます。

サービスではなく勉強として。

 

 

その中で良い縁もあったことだし^^

 

 

というわけで、

参考になるかわからないけれど、

わたし流、営業電話の対処法(?)でした。

 

 

それでは、また!

 

 

”年齢や背格好に左右されずに自分らしいファッションを。”

Deviele〈ディヴィエレ〉

http://www.deviele.com

 

 

▼Devieleサロンご予約の方はこちら

〉〉ご予約カレンダー

 

 

▼無料配信中

wp-1472598844663.jpg

 

 - プライベート