香港のリッツカールトンで感じたブランディングの重要性

mimです。

香港では憧れのリッツカールトンに行ってきました。
地上103階のcafe103でアフタヌーンティータイムを楽しんできました♡

もう、本当に全てが美しかった!
エレベーターを降りた瞬間広がるリッツの空間も、香港の街さえ小さく見えるロケーションも、心トキメクスイーツたちも。
完璧なブランディングで夢を見させてもらいました。

アイキャッチ画像に写っている食べかけのパンは、濃厚なトリュフの香りが広がりまくっているお上品な味でした。

数か月前、とあるステージで夢をお話しするシーンがありました。
その時わたしは「香港のリッツカールトンのいい部屋で桃鉄をすること」って言ったんですよね。笑

ようは格式のあるところでくだらないことをしたいってことで、場所は問わないのですが。
そういうことこそ、究極の贅沢だと思っています。

昔からの仲間とくだらなすぎることを話題に箸を転がしている私には、このくらいのアホさ加減が欲しいところ。
いつまでも子ども心を忘れないでいたいな。

香港のリッツカールトンで感じたブランディングの重要性

リッツに行った時にこれだと思ったことがあったんです。
それは、ブランディングです。

他者から見たイメージに対して期待通りのサービスを提供してくれる。
そしてそこに一切ブレがない!
トイレでさえも完璧な内装。笑

アパレルブランドを想像するとわかりやすいですが、まずはターゲットがあってそのターゲットに向けた企画、商品開発をします。
それがコロコロと変わっていたら、顧客様ってなかなかつかないと思いませんか?
それって、ブランド力(一貫性)がないってことです。

よく”自分らしく働く”って言葉を見かけるけど、それってテーマを決めるってことだと思います。
わたしだったら、「自由」「旅行」「ネットショップ」「ファッション」このあたり。

好奇心が旺盛なのでもっといろんな分野で書きたいことはあるけれど、それはまた違うHPを作って発信しています。
その方が一貫性が生まれるし、読者さんの期待に応えられるし、なんといっても検索エンジンにもいいからだ!

検索の世界こそ、一貫性が求められる分野。
専門性が高いほど、”テーマに対して詳しいサイト”と評価されるからぐんぐん順位は上がるのです^^

自分をブランド化してブログを書くこと、意識してみて下さいね。