ブログが書けない時の対処法

ブログで集客をしていると、どうしてもブログが書けないことってありますよね。
書こうと思えば、思うほど、ネタがない。

でも、書かなきゃアクセスが落ちるし、売り上げに響くし・・・とどんどんにマイナスに考えてしまったり。
最終的には落ち込んで、ブログが嫌なモノになり兼ねません。

そんな時のお助けとして、ブログが書けない時の対策をいくつか挙げてみたいと思います。

ブログが書けない時の対処法

1.カテゴリを整理する

ブログのネタがない、いつも同じような記事になってしまう時は、ブログのカテゴリを見直してみてください。
本来ブログのカテゴリはブログを書くより前に設定しておくべき部分です。
サイトを開設してすぐにカテゴリ構成から考えた人も少なくないと思います。

カテゴリはブログに分類分け。
どんなブログにしたいか?どんなサイトにしたいか?の大枠でもあります。
カテゴリを見直すことは初心に立ち戻ることでもあります。
最近更新していないカテゴリも明確になるので、見直すだけで書きたい内容を発見できることもあります。

初期の頃にカテゴリ設定をしていない場合は、今からでもカテゴリを整理しましょう。
どうやってブログを育てるか考えていると、またワクワクした気持ちが復活できますよ。

2.知恵袋でネタ探し

検索エンジンで入力するキーワードは、100%質問、疑問、悩みである、ということはみなさんもご存知だと思います。
ということは、なにに悩んでいるのか?なにが知りたいのか?ということさえ分かれば、それを題材にブログが書けます。

そこでわたしがとる方法は、質問がたくさん転がっているサイトに行くこと。
そう、知恵袋の質問でなにに悩んでいるのかを探すのです。

例えば、わたしはこのブログでブログを資産にする方法をお伝えしているので、ブログ集客についての悩みや、ネットショップ運営についての悩みを知恵袋で検索します。

そこで出てきた質問の答えを自分なりにブログで回答する、ということをやっています。
書くことに困った時は試してみて下さいね。

3.プライベート記事を書く

このブログを読んで下さっている方は、ブログを使ってなにかしらのお仕事をされていると思います。
ノウハウ記事や、お役立ち記事を書こうと思うとガッツが必要です。
どうしてもネタが降りてこない時はプライベート記事を書きましょう。

最近行った場所、買ったもの、感じたこと、観た映画など。
ささいなことでもOKです。

商品の購入やサービスのお申込みに直結することは少ないですが、プライベート記事は本人の人柄を知らせる大切な記事です。
”ファン”というのは商品やノウハウではなく、人柄に惹かれて増えていくと思います。

ですから、プライベート記事はわたしにとって重要な位置づけですし、受講生にもそのように伝えています。
実際に不特定多数の方が来れるオープンなイベントを開催した時は、ここのファン層が会いに来てくださることが多いです。

プライベート記事であなたを知ってもらうことも立派なお仕事になるのです。

4.あきらめる

本当に書けない時、書きたくない気分になってしまった時、書かなくてもいいんじゃない?
というのがわたしのスタイルです。

ブログってすごく便利で、どこにいても、スッピンでも、妊娠中でも、風邪を引いていても、暇があれば書けてしまいます。
だから、ネタに悩むことに時間をかけなくてもいいって思うのです。

ブログは人生を変える程、可能性がある。
それだけ忘れずにいれば、書きたいものが降りてくるんだって思います。

だから、あきらめも肝心です。
空いた時間は自分の「今これがしたい♡」に従う時間に充ててください。

まとめ

どれもかなり効果的だと思うので、ブログが書けない時試してみて下さい。

24時間ブログに働いてもらう8日間の無料メルマガ ブログ集客
ー内容ー
・わたしがブログ集客を始めたワケ

・ブログのアクセスが下がらない秘密
・24時間営業できるブログの作り方
・ブログで増える収入源
ーこんな方におすすめー
・ブログに営業を任せたい
・ブログで商品が売れる流れを作りたい
・ネットショップを運営している
・アフィリエイトや広告収入に興味がある
メルマガに登録する