「もしも」の時に安心できるくらいの収入はブログで構築できる

木田です。

北海道胆振東部地震から1ヵ月以上経ちますが、まだ余震が続いています。
先日も夜中の3時に揺れが来て、そこから6時まで眠れず、やっと眠れたと思ったら約束の10時にチャイムの音で起きるという大失態を犯しました。

わたしは恐怖に強いタイプだと思っていたのですが、震度5強の揺れがトラウマ的になっているのか、たまに当時の揺れを思い出してしまいます。
と同時に幼い時に聞いた「地震・雷・火事・親父」は事実だと悟りました。笑

札幌はそろそろ暖房の季節です。
前回の様に停電になれば家の中でも寒いでしょう。
冬に電気が使えないとなると古い一軒家の場合、水道管の凍結問題も浮上します。

ポータブルストーブと灯油は雪が降る前に備えておきたいですね。

「もしも」の時に安心できるくらいの収入はブログで構築できる

先日、メルマガの読者さまからメッセージをいただきました。

ワードプレスはいいと聞きながら、敷居が高くて迷っていましたが、今日のメルマガを読んで挑戦してみることにしました。

ご報告いただきありがとうございます。

どんなメールの内容だったかと言うと、”ブログを資産にすることは「もしも」の経済的不安を回避することにも繋がる”といった内容でした。

例えば、実働以外の収入がない個人事業主の場合。

  • 自分が体調を崩したと同時に収入が止まる
  • 家族の転勤で引っ越しをしたら、また一から人間関係を築かなければならない
  • 災害があったらその地区で営業すること自体難しくなる

これらのことが考えられます。

対面、対人の接客はわたしは素晴らしいことだと思います。
会ってこそ深められる繋がりがあると信じているからです。
でも、それは自分や自分の家族が安定の中にいるからできる贅沢だとも思っています。

今はふたりに一人が癌になり、仕事はAIや外国人にとられ、異常気象が連日ニュースになる時代です。
当たり前の生活って、きっと簡単に当たり前じゃなくなる。

「もしも」の時は余裕がなくなるものです。
現に北海道地震の前後、助け合いの声があったことも事実ですが、「誰よりも先に」「売り切れる前に」「自分の家族だけは」という狭いテリトリーでしかものを考えられない状況の人も多くいました。

ブログを資産にするということは、”実働していなくても全国からアクセスが入り、いくらが収入源が確保できる”ということです。

もちろんそれだけでは完全な安心は得られないことも多いです。
でも、緊急事態の時、せめてお金の心配くらいはしないで過ごしたいですよね。

それがワードプレスブログなら努力次第で実現可能なのです。

メッセージをくださった読者さんのように、ワードプレスは難しそう、自分にはできないかもしれない、と思う方。
それって本当に問題ですか?

あの時やっておけば良かったと思った時、本当の問題に直面するのです。

24時間ブログに働いてもらう8日間の無料メルマガ ブログ集客
ー内容ー
・わたしがブログ集客を始めたワケ

・ブログのアクセスが下がらない秘密
・24時間営業できるブログの作り方
・ブログで増える収入源
ーこんな方におすすめー
・ブログに営業を任せたい
・ブログで商品が売れる流れを作りたい
・ネットショップを運営している
・アフィリエイトや広告収入に興味がある
メルマガに登録する