大阪地震で起こったミラクルなできごと

mimです。
まずは雑談から。

先日、結婚式のため函館に2泊しました。

ホテルに着くとテーブルの上に新郎、新婦からの置手紙があって、「明日はカメラマンよろしくね!」って。
わたしにカメラを頼むなんて、なんて見る目があるんだろうって思った。笑

このブログではあまり書かないけど、わたしは自分のサロンで個人事業主向けのプロフィール撮影コースを行っています。
敏腕メイクアップアーティストによるメイクと、ファッションとカメラセンスを持ったわたしのコラボレーション。

毎回、参加者さんが「自分じゃないみたい♡」「わたし、可愛い♡」と思わず自分を褒めてしまうような撮影です。
興味のある方はこちらからどうぞ。

参考

【札幌】SNSやブログで使えるプロフィール写真!衣装ヘアメイク付き撮影コースセレクトショップDeviele

話がそれてしまいましたが、お手紙をいただいたこともあって、結婚式当日は素敵な写真が撮れるように、ベストなポジションに魅力的に写るアングルを考えながら撮影していました。

プロフィール撮影と違って一発本番、もう一度このポーズして!なんてリクエストも出来ないなか、たくさん素敵な写真が撮れました♡

あとから写真を見返したら、写真撮影ってなんだか人生みたい!と思ったのです。
どういう事かというと、シャッターチャンスは何度もあるけど、そのチャンスはほんの一瞬だったのです。

人生のチャンスもきっと何度も何度も訪れているはず。
でもそのチャンスをことごとく逃しているだけなんだなぁと。

チャンスって閃きみたなことだと思うのですが、閃いたことをすぐに行動に起こす人って少ないと思います。
気が付いた時にはもう遅かったり、閃いたことさえ忘れていたり、時には閃きにさえ気づいていなかったり。

だからチャンスって一瞬のもの。

考えてみれば、宝くじもチャンスのひとつでいつでもどこでもチャンスが買える。
でも、買ってみようという閃きがないと、まず当たることはない。
反対に、閃いていない時に足掻いても無駄なんだとも思う。

閃きって神様からのお手紙みたいなもので、それはいつだってパーフェクト!
だからその閃きをキャッチできるようにアンテナを磨いておくことって大事だなって思う。

大阪地震で起こったミラクルなできごと

2018年の大阪地震の時、わたしは関西にいてちょうど札幌に帰る日だった。
電車もバスも絶望的で、タクシーは200人待ち。
観光客が駅構内で座り込む中、なんとなく「大阪駅の一番大きな通りに出よう」と思ったのです。

そこなら大阪駅に向かってきたタクシーを捕まえて空港に向かえると思ったから。
でも同じようなことを考えてる人はたくさんいて、だから色んな人に声をかけて伊丹空港まで相乗りをお願いしました。

あるひとりの男性が伊丹の家に帰る途中で、彼がタクシーを拾って相乗りさせてくれたんです。
大阪の人ということで土地感もあって、なぜか閉鎖されてるはずの高速道路が開通していることも知ってた。

タクシーの運転手さんは、「高速道路やっていないよ~、空港向かってもいいけどフライト時間には間に合わないよ。」と言ってたんだけど、高速が走れるということでスイスイ空港へ。

15時発の飛行機に乗る予定で、空港に着いたのは16時前。
もう完全な時間オーバーなのだけど!!
地震の影響でほとんどの便が欠航しているなか、わたしが予約していた飛行機は17時に遅延して飛ぶということ。

ふつうに空港でお土産買える時間もあって、なんだかすんごくラッキー!

しかも大阪駅から空港までのタクシー代は相乗りした男性が支払ってくださった!

ただただ、楽に無料で空港についた話。
これ、まさしく一瞬のチャンスをものにした出来事だと思います。

みなさんにもあると思うんですよね、「なんとなくこう思った」っていうこと。
これって神様からのお手紙の可能性がありますよね~♡

一瞬の閃きってスゴイ奇跡になる可能性があるから、どんなサインでも行動できる癖を身に着けたいものです。